妊娠中の風邪と薬を飲んだ場合の赤ちゃんへの影響について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

妊娠中は免疫力が低下しているため、いくら気をつけていても風邪をひいてしまうことがあります。

もし風邪をひいてしまったら、風邪の症状や薬がお腹の赤ちゃんに影響するのか、不安でいっぱいになってしまうと思います。

そんな時、妊娠中はどんな対処をすればよいのでしょうか。

妊婦の薬の服用と胎児への影響

kusuri
妊娠中の薬の服用は100%安全だといえません。

実は妊婦に対する薬の安全性は確立していないのです。

実際問題として妊婦さんで臨床試験をすることができないので、薬の安全性は動物実験での結果でしかありません。
ですが、産婦人科の先生たちが長い間薬を処方していく統計の中で安全性が高い薬が分かっているため、全ての薬が危険だということでもありません。

医師が必要と判断したときに妊婦に安全な薬を処方してくれますので、必ず医師に相談して服用するようにしましょう。

 

妊娠時期によって影響が変わるのか

・妊娠0週~3週(最終月経開始日を妊娠0週0日)
この時期は
薬の影響を受けることはほとんどなく、
もし影響があったとすれば、妊娠が成立しないと考えられます。
※最終月経から約2週間後(妊娠2週)に排卵・受精、妊娠3週頃に着床し、
妊娠が成立します。

・妊娠4~7週
中枢神経、臓器が形成される時期で、薬の影響を最も受けやすい時期でもあるので、
服用には注意が必要です。

・妊娠8~15週
器官の形成が完了しますが、まだ外性器や口蓋は形成されている時期です。
危険性は低くなるものの、引き続き注意が必要です。

・妊娠16週以降
奇形の心配はなくなりますが、胎児の発育や機能に影響を与える「胎児毒性」、
分娩への影響が心配されます。

妊娠時期や種類によって危険な薬もあるので、必ず医師の指示のもと服用してください。

妊婦が安心して飲める薬と、服用可能な薬については下記サイトに詳しく書かれていますので、参考になさってください。

 

病院に行くタイミングは?何科を受診すればいいの?

shinpai

まずは産婦人科へ相談しましょう

軽い風邪なら様子をみても良いかもしれませんが、2~3日しても症状が改善しない38℃以上の熱が出たときは病院を受診しましょう。

妊娠中の風邪の場合、内科や耳鼻咽喉科に行けばよいのか、産婦人科に行けばよいのか迷いますよね。

妊娠しているときは、まずかかりつけの産婦人科に電話で症状を伝え確認することが大切です。

あなたの体の状態を一番把握しているのは産婦人科医ですので、お母さんと赤ちゃんのことを考えた薬を安心して処方してもらえます。

産婦人科医に行く場合は他の妊婦さんもいますので感染予防のために必ずマスクを着用してください。

しかし、症状によっては産婦人科から内科、耳鼻科を受診するよう指示されることもあります。

その場合は、内科や耳鼻科の医師に妊娠中であることと、妊娠週数をしっかりと伝えて妊婦でも飲める薬を処方してもらうようにしましょう。

 

風邪の症状、胎児への影響は?

ウィルスの胎児への影響

現状では風邪のウィルスが胎児に影響を与えることはないと考えられています。

ただし、風邪の症状かと思っていたら、赤ちゃんに影響を与えてしまうような重大な感染症である可能性もありますので、やはり早めの受診をおすすめします。

 

咳の胎児への影響

kaze-seki

風邪をひいたときの咳はとても厄介ですよね。

普段でもなかなか治らなくてイライラしてしまうのに、妊娠中に咳が止まらないなんて、お腹の赤ちゃんに影響はないのかとても心配ですね。

妊娠中の咳が胎児に与える影響はどうなのでしょうか。

咳そのものがお腹の赤ちゃんに影響を与えることはないようですが、お母さんの体力消耗、ひどい咳なら赤ちゃんに送られる酸素が不足して赤ちゃんが酸欠状態になることも考えられます。

また、少しの咳なら大丈夫なのでしょうが、あまり続くと腹圧がかかりお腹が頻繁に張って、早産につながる可能性もあるので、産婦人科を受診し早めに対処するのがよいでしょう。

 

発熱の胎児への影響

kaze-netu

37℃前後の微熱ならゆっくり体を休めて様子をみても良いのでしょうが、38℃以上になると母体の体力が失われ食欲も落ちてしまうため、母体と赤ちゃんの栄養不足が心配になります。

更に、40℃以上の熱が3日以上つづく場合は羊水の温度を上げてしまい赤ちゃんへの悪影響を与えてしまうことも考えられます。

赤ちゃんに負担をかけないためにも早めの対処が必要です。

 

私自身の失敗談

shippai
妊娠中は普段よりも免疫力が弱くなっているため、風邪を引きやすかったり、感染症にかかったりといったトラブルが多くなります。

それによって病院で薬を処方されることもあるかもしれません。

そんなとき、赤ちゃんへの影響がないか不安になる人も少なくないと思います。

私もその一人です。

妊娠前は風邪などほとんど引かない丈夫な体だったこと、1人目妊娠中はトラブルがほとんどなかったことで体調管理を怠り、過信した結果、薬を大量に飲むことになった管理人の1ヶ月と、実際に処方された薬を掲載します。

 

妊娠6ヶ月目に入ってすぐマイコプラズマに感染

まもなく妊娠6ヶ月に入ろうという頃、4歳の娘が急に発熱私もしました。

その3日後(妊娠6ヶ月1日目)に私にも鼻水と喉の痛みがあり、ちょうど妊婦検診の日だったので喉と鼻かぜに効く漢方を処方してもらいました。

漢方薬なら問題ないというイメージがあったため、最初のうちは服用していたのですが、夫に「漢方薬も副作用があるみたいだよ」と言われ怖くなって3日間で飲むのを辞めてしまいました。

それから2、3日経っても娘の熱が下がらず再度病院にかかった結果、マイコプラズマと診断されました。

自分もマイコプラズマがうつったのでは・・・と心配になり、咳も出始めたので内科へ行き血液検査を受けたのですが、結果は正常な範囲内だったため、はっきりとマイコプラズマだと診断されず、子供がマイコプラズマだったということは、うつっている可能性が高いとの判断でした。

妊婦ということもあり内科では様子見で咳止めだけが処方されましたが、「できるだけ薬は飲みたくない!」という気持ちから、飲まずに自力で直すと決断したのです。

しかし、1週間後眠れないほど耳が痛くなり、今度は耳鼻科に行くことになってしまいました。

・処方された薬

img_7959

桔梗湯

喉の腫れと痛みを改善する

img_7963

小青竜湯

鼻炎を抑える薬

img_7966

メジコン錠

咳を抑える薬

 

中耳炎になって仕方なく薬を飲んだものの副鼻腔炎に

耳鼻科で中耳炎だと言われ抗生剤と鼻詰まりもひどかったので点鼻薬を処方されました。

点鼻薬は使用量を守っていれば、局所的なものなので大丈夫と言われて少し安心していたのですが、一緒に抗生剤が処方されたときはドキッとしました。
抗生剤なんて飲んで大丈夫なのだろうかとすごく抵抗があったのですが、考えた末、中耳炎が悪化して更に強い薬を飲むような状況になるよりは、飲んで早く直すほうが赤ちゃんにとって安全だと自分に言い聞かせ薬を飲むことに決めました。

耳鼻科で妊婦である事は伝えたもののやはり心配だったので、薬の名前と成分を細かく読んで、産婦人科、薬剤師に電話をして、飲んでも赤ちゃんに影響が無いかどうかを確認し、意を決して薬を飲み始めましたが、翌日、今度は顔に痛みが出て再度耳鼻科へ、

副鼻腔にウイルスが入ってしまったとのことでした。

耳鼻科の先生に「薬を飲むのは嫌かもしれないけど、100年前なら副鼻腔炎は死亡している病気なんだから、甘く見ないでしっかりと治したほうがいい」と言われ、同じ抗生剤と膿・痰を出す薬を処方してもらいました。

1週間後だいぶ良くなったのと、抗生剤を飲むのは2週間までにしておいたほうが良いということで今まで飲んでいた膿・痰を出す薬と、鼻水・鼻づまりの漢方薬を出してもらいました。

抗生剤よりは漢方薬のほうがマシと思いながらもまだ安心できない私は、妊婦検診で漢方薬についてしつこく確認したところ、「漢方薬は安全だし、もう6ヶ月過ぎているから大丈夫、それよりもしっかりと治すこと」と言われてしまいました。

マイコプラズマの疑いから、中耳炎、副鼻腔炎になり、1ヶ月経過してやっと微熱程度に回復し、体調管理が不十分だったこと、妊婦の免疫力低下を甘くみていたことにすごく後悔しました。

・処方された薬

img_7973

メイアクトMS錠

細菌の増殖を抑える薬
セフェム系の抗生剤

img_7946

ナゾネックス点鼻液 噴霧用

鼻の炎症を抑え症状を改善する点鼻薬

img_7975

ムコダイン錠

膿・痰を出しやすくする薬

img_8004

葛根湯加川きゅう辛夷

蓄膿症、鼻詰まりや鼻水を抑える薬

img_8006

カロナール錠

痛み、熱を抑える薬

img_8010

アスベリン錠

咳を抑え、痰を切る薬

 

薬を飲まない選択肢は病状を悪化させる可能性がある

kusuri2

妊婦は免疫力が低くなっているので風邪などが治りにくく、重症化する可能性もあります。

薬を飲まなくてはならない状況になった時、薬による赤ちゃんへの影響を考えて飲まずにいるか、飲んで早く治すのか本当に悩みどころです。

今回、病状は悪化してしまいましたが、それでもやはり心のどこかでまだ薬に対して完全に信用することはできていません。

しかし、こればかりはどちらが良い選択とは言えませんが、病状を悪化させないためには自己判断せず、病院で妊娠中であることを伝えたうえで処方された薬を医師の指示に従い服用することも大切なのだと実感しました。

まだ、妊娠生活も数ヶ月残っているので、少しでもこのようなことにならないために、普段から、人混みへはなるべく行かない、外出時はマスクを着用する、うがい手洗いをしっかりする、バランスのとれた食事を心掛けるなどの予防策はとるべきだと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*